FC2ブログ
TOPスポンサー広告ジュエルの呪いにご注意を 13


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP快新(K新)女体化ジュエルの呪いにご注意を 13


ジュエルの呪いにご注意を 13
宝石ののろいで新一女体化というとんでも話。

----------------------------------


薄いピンク色をしたふわふわの綿菓子のようなあまいもやがかかる口づけは、新一のすべてをどろどろにとかすような口づけ。あまったるくて胸焼けしそうなのにもっとほしくなる。
それに、怪盗キッドこと黒羽快斗にキスされると不思議なことがある。
キスなんて、単なる身体的接触だ。呪いによってキスを受ける相手が快斗になってしまっただけでそのキスに深い意味はない。
ただの接触。
そのはずなのに、どうしてキスを受けるたびに、されるたびに胸の動悸が激しくなるのか。特に運動なんてしてないのに息も切れる。唇をふさがれているから?
でも、それだけではない気がする。
最近は、怪盗なんてバカなことをしているふざけた男のそばにいるとおかしくなるし、なんかへん。
前々から新一に好きだの愛してるだの俺と付き合ってだの言ってくる相手だが、それは怪盗の冗談でおふざけ。
今新一にキスをしているのも、怪盗が困っている誰かを見捨てられないお人好しだから。
新一は、人のいい怪盗を利用している。
好きだからキスをする、と言う怪盗だが女好きかつ女たらしであることは間違いなく、元は男性である新一は、本来なら相手にもされないだろう。そりゃあ男の時から口説かれてはいたが、あんなのは探偵をからかっていただけだ。
今受けているキスがどれだけあまくて優しいものでも、触れてくる指が極上の宝石に大事に大切にそっと触れてきたとしても、それは怪盗の気遣い。彼は誰にでも優しい。今まで触れてきた誰にもこんなふうに触れたのだろう。
新一以外の人間に、女性に、こうしてふれて、ことばだけではなく、指先とくちびるでふれてたくさんの愛を告げていたのだ。
これは、新一だけのものではない。
今までも、これからも、新一以外のたくさんの人間にあたえられるものだろう。
壊れやすい物にでもふれるような、どこまでも優しい指先も、熱いてのひらも、あいしてるとつげるくちびるも、新一だけに与えられたものではない。
黒羽快斗に、怪盗キッドに口説かれたであろう人たちに等しく与えられたもの。
自分だけは特別だと思ってしまうような仕草や声に勘違いしてはいけない。それは錯覚。黒羽快斗も怪盗キッドも女ったらしだ。こんなのは挨拶みたいなものだろう。
誰にでもする。
新一だけじゃない。
それを考えると、なぜか胸に痛みが走った。
ずきんと痛む胸に黒くてどろどろした何かが広がる。今までふんわりしたピンク色の靄に包まれふわふわした心地よさと、だからこその不安めいたものがあった胸のなかが別の何かに取ってかわる。
それはキッドに会うまでおぼえたことのない複雑にしておそらくひどく単純な感情。ただ、新一にはそれが何かわからないので、今は女性らしくふくらんだ形よい胸を支配するどろりとした真っ黒なものが毒のように広がり、じくじくと胸を刺すように痛む。
胸に病気なんてないはずなのに痛みを訴える胸。その痛みでぼんやりしていた頭が徐々にはっきりしだす。


キス、されている。


いつもそうだが、ひどく丁寧なのに性急で、新一のすべてをさらうようなキス。
キスの間に脇腹やら背中を撫でられながら、指先やてのひらでくすぐるように触れられると、そこから愛してるとか好きと囁かれている気がして妙に落ち着かない。
言葉や声に出しているわけではないのに、目線や指先のうごきひとつひとつで愛を囁かれている気がして、こいつどんだけ気障なんだと思ってしまう。新一でも好かれているとか愛されていると勘違いしてしまいそうになるのだから、普通の女性がこんなことをされたらもう黒羽に夢中になることだろう。キスだってくやしいくらいやたらうまいし怪盗ができるくらい手先は器用でちょっと触れられただけなのに頭がぼんやりするくらいきもちいいし食事の支度から変な発明まで何でもこなし、それなりに気遣いもできる。顔だって素で新一の身代わりが出来るくらいなので悪くはないのだろう。自分では似ているとは思わないのだが、まわりの連中からみたら似ているらしい。
似ている、というのは怪盗がそう装っている時に限ってなのだが、親しい人間が見てもぱって見は間違えるようだ。怪盗に言わせると、雰囲気が全然違うし新一は美人で綺麗だけど俺はカッコイイ、らしい。
ふざけんな。俺のがかっこいいに決まってる。
反論したら、確かに新一はカッコイイし男前だけど美人で綺麗だよ、とあっさり言われた。名探偵と言われ推理力においてそれなりだという自負のある新一だが、怪盗の言う意味はいまいちよくわらない。ただ、灰原や博士はうんうん頷いて納得していた。一体なんだというのだ。三人揃って意味深にじっと見つめられてため息なんかつかれると、俺だけが何もわかっていないみたいみたいで探偵として不適格と言われているようだ。
なんで俺だけこんなにも疎外感を感じる。

スポンサーサイト

カテゴリ:快新(K新)女体化
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。