FC2ブログ
TOPスポンサー広告ジュエルの呪いにご注意を 10


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP快新(K新)女体化ジュエルの呪いにご注意を 10


ジュエルの呪いにご注意を 10
元々原稿下書きなので、オフ化したらけっこう変ります。が、大筋こんな感じです。
もちろん最後まで連載します。------------------------------------


すよすよ眠る新一は、とてもやすらいで見える。
よく眠れないでいたのが嘘のようだ。
抱きしめながらそっと腰に片手をはわす。
有希子さんが用意したのは目の毒としか思えないベビードールだったが、断固拒否した新一は快斗が買ってきたごく一般的なパジャマを着用している。
普通のパジャマとはいってもそこは新一が身につけるもの。素材は厳選して肌当たりのよい最高の逸品を選んだつもりだ。ちなみにパジャマは色ちがいのお揃いだったりする。
お揃いのパジャマを嫌がった新一だが、ベビードールとパジャマの二択を迫られしぶしぶパジャマを選んでいた。
ちなみに新一は自分で服や靴や小物を揃えようとしたが工藤夫妻と隣家の少女によってことごとく却下されていた。
美人には、そのひとにあうものを着なければならないという義務があるらしい。なんとも理不尽な義務だが、快斗としては歓迎すべき言い分だった。
なにせ新一ときたらほっといたらジャージですごしてそうなのだ。
世界を吹き飛ばす勢いの綺麗さんが、だっさい芋ジャージ。
快斗でなくても止めたくなるだろう。
するりとパジャマの裾から入り込んだ手でなめらかで吸い付くような素肌を包み込むように撫でる。
ほそい腰は頼りなく、こんなにも華奢なのにあの殺人的なキック力はどこから来るのか疑問でならない。しかし新一はあれくらい凶暴で破壊力がないといけないだろう。
快斗が守っているとはいえ油断ならない不埒な輩は大勢いるので自衛のためにつよさは必須だ。
普通なら気安く触れることが出来ない存在が腕のなか。
頬にキスをしてから次はくちびる、と目をやれば咲き初めの花びらに似た清楚可憐ななかにしたたる蜜を感じて自然と喉がなる。
ぺろり、と意識することなく舌で自身の唇をなめ、ぷるりとした瑞々しい果実に似た唇に唇を近付ける。
もう何度も何度もキスしているけれど、キスする前のこの瞬間はいつも緊張する。
キスしてからは緊張なんてふっとんであまくてしっとりした唇に夢中になってしまうが、今は緊張の方が大きい。
不思議だな、と思う。
何度キスしても緊張しする。怪盗として夜空を翔け、獲物をいただくその時だってこれほど緊張することはあまりない。
キスをする瞬間はいつもひどく心臓がさわつく。
胸をしめつけられるせつなさや、好きになってほしいという欲求と好きな相手にキスをするというドキドキ。慣れることなどあるのだろうかと疑問に感じるほど常に心地よい緊張と胸の高鳴りをもたらすそれは最初よりも大きくなっている気がする。
最初にキスした時、もうこれ以上好きになんかなれないと思ったはずなのに、その時よりもっともっと好きになっている。
かつて、こんなことになる前は名探偵に恋をしても決してかなうことはないから、口説くだけ口説いて駄目なら諦めよう。この想いも時がくればきっと風化すると思った時期もあったが、風化するなどとんでもない。
どんどん好きになるばかりで、今では新一がいないと1日が始まらないくらいだ。
裏の仕事でちょっと東都を離れた時も、新一が恋しくて、欲しくて、会いたくて抱きしめてキスしたくて仕方がなかった。
心配で発信器や盗聴機をつけだがさすがの名探偵。快斗が腕によりをかけた現代技術を超えているそれらをことごとく発見して破壊された。さすがは破壊神というか、「ハカイシンイチ」というべきか。
盗聴盗撮発信器が駄目でも快斗には偉大なる現代文明万歳な携帯電話があったので、無視しようとする新一をおどし‥‥いや、お願いして少し話したりもした。
新一の声を聞かない1日なんて快斗には無意味なのだ。
それと同時に定期的に新一に触れなければいらいらしたり不安になったりという困った事態が起こってしまった。
定期的に快斗のキスがないと駄目な新一と同じく、快斗も新一のそばにいたり触れたりキスをしたり、そんな接触がないと駄目になってしまった。
一度知ってしまった好きな相手のくちびるや触れ心地は癖になり、まるで麻薬のように快斗のからだと心の隅々まで侵していったのだ。
哀は最近新一に、あなた黒羽君がいないともうまともな生活出来ないわね。と言っていたが、実のところそれは逆。
快斗がいなくなって生活に困るのは新一ではない。


新一がいなくて困るのは、快斗の方だ。


一見したら快斗が何から何まで新一の面倒をみているように見えるが、それは少し違う。
新一は自身の日常生活においてかなり危なっかしいが、何も出来ないわけではない。放っておいたらきっと勝手にするだろう。
ただ、今は新一がすべきそれらを快斗が先回りしてやってしまうから世話をやいているように見えるだけだ。
だから本当は、新一がいなくなったら駄目になるのは快斗の方。
快斗は新一の世話を焼きながら、いつも思う。
このまま、快斗なしではいられなくなったらいいのに、と。
快斗は新一がなくてはもう駄目なのに、新一はそうではない。そんなの、不公平ではないか。
快斗が新一をおもうだけ想いを返してほしいなんて贅沢は言わないし言えないが、少しくらい快斗なしではいられないかもと思ってくれたら、と思っている。
本音をいえば快斗なしにはいられないようにしたいと思っているし、そうなるように仕向けてはいるが、相手は怪盗キッドが唯一名探偵と認める新一だ。
そうそううまく事は運ばない。
キスをするために顔を近付けた快斗はすやすや眠る新一の唇に近付きながら首を傾ける。
触れる直前で少しだけ躊躇い一瞬動きがとまるが、それもごく一瞬。
新一以外の誰かにするなら特に何とも思わないが、新一の唇にするのは本当に緊張するので一瞬だが止まってしまったのだ。
早くしたいと焦るのに躊躇いが生じるのはなぜなのか。
快斗のなかにある想いは複雑で自分自身にも何が理由なのかわからない。
聖域そのもののような探偵にキスする罪悪感めいたものがあるのかもしれないし、心がこちらにないのにキスをしてしまう迷いめいたものなのかもしれない。新一以外の人間になら迷いなんて感じず当たり前に割りきることができるのに、本当に本気で好きになると感情が制御出来ない。
つやつやとしたあまい果実に似たくちびるに、そっとキス。
やわらかい。
左手で頬を撫でながら指先でみみもとをくすぐり、服のなかで新一のからだをかこうように抱きしめている右腕をするりと動かし、手のひらでほっそりとしたやわらかなラインをたどる。
ちいさな口付けを繰り返しながら抱きしめているからだから伝わる少し低い体温をあたためるように、熱を伝えるように触れていると、新一がむにゃむにゃしながらむむっと可愛くうめいた。

「しーんいち、朝だぞー」

ぷるんとした唇に唇をくっつけながら囁くと、腕のなかのからだがびくりと震えた。
スポンサーサイト

カテゴリ:快新(K新)女体化
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。