FC2ブログ
TOPスポンサー広告兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 19


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP兄と妹が~(ヒバツナ子)兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 19


兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 19
-----------------------------

ゆっくりと頬や髪や顎のあたりを撫でていた雲雀が、ふっと唇をゆるめた。

「綱吉、帰るよ」

深い場所に叩き落とすような、聞くと腰が抜けそうなあまいその声で、ぴんとはりつめていた教室内の空気がふっと緩んだ。
ぽんと頭の上に手を乗せられたツナも、雲雀の声で少しばかり我にかえる。

「え? ええっ!?」

ツナの目の前に雲雀がいて、雲雀は優しい瞳で、あまい視線でツナを見つめていて、ツナは動揺のあまり声を上げてあわあわしてしまう。
慌ててまわりを見回し、どうしようと戸惑っているようなツナは先程のような妖しい雰囲気も、艶めいた色気もなりをひそめている。ただほんの僅かな瞬間、先程見せた色がちらちらと見えて、純真そうななかに見え隠れするぞっとするような艶にそそられるのだが、ツナ本人はそんな事わかるはずもなく、現在の状況を見てどうしようと悩む。


雲雀が、目の前にいる。


ツナの兄とはいえ、本人はそれをバラすなと言っているから、他人から見たら赤の他人が勝手に教室に入ってきたように見える。
今はHR中なのに、雲雀はお構い無し。
雲雀にしたら学校は全部雲雀の持ち物だから一々許可を取る必要なんてない。そもそも並盛自体自分のものだと思っているので許可なんて必要ないし、隠れてこそこそここに来る必要もない。
堂々と真正面からツナを連れて帰ったらいいのだ。
雲雀は驚いてぽかんと口をあけ、まわりを見て焦っているツナの脇に手を差し入れ、ひょいと持ち上げで椅子から立たせ、小さな顔を覗き込む。

「何を驚いているの? メールもしたし、昨日も、今日は迎えに行くからって言ったよね」

それはそうだが、ツナは雲雀がこんなに派手に迎えに来るとは思ってなかった。
雲雀はツナと兄妹と思われたくないはずで、ツナとの事は隠しておきたいはずなので、裏門かどこかでひっそりとツナを待っていると思っていた。
ツナのクラスも含めて、校内はまだまだHR中のクラスも沢山あるのに当たり前のように校内に入り、HR中だったツナのクラスにここまで堂々と乗り込んで来るとは思ってなかった。
自分のちょっとした妄想と想像を遥かに超えた事態にツナは戸惑うばかり。

「ふぇ、あ、でも」

あわあわ言い、困った様子を見せながらもツナは雲雀が気になって仕方がなく、ちらちらと雲雀を見ては顔を赤くする。
ツナの身体を支え、ゆるく抱きしめるような雲雀。
ツナがふらふらしているから、ただ支えてもらっているだけのはずなのに、大事にされて守られているような感じを受けてツナは照れ臭いし恥ずかしい。
それに、雲雀に軽く抱きしめられているみたいと思えば、ツナはふわふわとした天国のなかにいる気分。
今までとても冷たかった大好きな兄が優しくて、ツナを大事にするように触れてくる。
今がHR中で人が沢山いる教室だとわかっているから早く止めないといけないと思うのに、脳の一部が麻痺したみたいになって、雲雀から離れられない。
もしツナが雲雀に対して離れてくださいとか、今HR中なので少し待っていてくださいと言ったら、気分を害してしまうかもしれないし、そうなればもうツナには触れてくれないかもしれない。
雲雀がこうしてツナに触れてくれるなんて最近ではないので、雲雀を止めたくない。


このままいっぱいツナに触れてほしい。
出来ればツナは雲雀に抱きつきたい。


こうしてなでなでされたら嬉しくなって、昔はよく抱きついていた。


昔みたいに雲雀に抱きつきたい。


でもここは教室だし、昔はともかく今の雲雀はツナが抱きついてきたりしたら嫌がって突き離してくる。
ツナを離す雲雀は乱暴ではなく、ゆっくりと離すのだが、ツナは雲雀に離される度に傷ついていた。
お兄ちゃんに抱きついて、だっこされて、甘えるのが大好きだったツナなのに、お兄ちゃんはもうしたらダメというのだ。
今の雲雀はふらつくツナをゆるく抱きしめてくれているので、もっとふらふらしたふりをして抱きついてしまいたい。

でもやっぱり出来ない。

ここは教室だし、ツナが抱きついたりしたら雲雀は不快になってせっかく迎えに来てくれたのに一人で帰ってしまうかもしれない。
今日はお昼も一緒に食べてくれると言っていたので、ツナはそれだって楽しみにしていて、雲雀を不快にして予定がキャンセルにならないようにうまくやらなければと思っていたのだ。
健気なツナは抱きつきたいのに抱きつけず、雲雀に触れられて嬉しくて恥ずかしい表情。
雲雀もふらふらしたツナを支えるという名目でごく当たり前のようにツナの腰に腕をまわし、自分に凭れかかるようにさせながらふわふわの髪やマシュマロの頬を撫でていく。
雲雀がツナに触れるのは当然であるかのように、ツナは自分のものである事を見せつけるように、大人しいツナ引き寄せ、人前でべたべたとする。
最近追い払っても追い払っても悪い虫が減らないので、ここいらでツナは雲雀のもので、ツナを想っても無駄。雲雀のものに告白するなんて思うなという所を見せつけておく。
雲雀がツナを突き放したのは色々我慢出来ないから近付かないで欲しいというが大きな理由なのだが、人前で雲雀がツナを大事にしていたら、ツナが狙われてしまうかもしれないと思ったのもある。

スポンサーサイト

カテゴリ:兄と妹が~(ヒバツナ子)
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。