FC2ブログ
TOPスポンサー広告兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 6


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOP兄と妹が~(ヒバツナ子)兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 6


兄と妹がこんなに好きあって何が悪い! 6
オフ化済み。
オフでは完全版ですが、こちらではweb版でとして連載いたします。
書店在庫はバードEX様にございます。

俺の兄がこんなに優しいはずがない6(ヒバツナ子)


むしろツナは勉強が出来なくていいと思っている。ツナが全然勉強が出来ないような落ちこぼれなら進学も難しいだろう。

ツナが勉強が出来ないために進学出来ず、ずっと家にいるのなら、成績は悪くてもいい。この子を外に出すと色々と不安だ。

とりあえず高校位までなら進学を許してもいいし、積極的に進学の邪魔をしないが、大学は色々と誘惑が多いのでまずい。

そして就職はもっとまずい。

雲雀はツナの大学進学と就職と高校に入ってからのアルバイトに関しては徹底的に邪魔するつもりなので、出来れば成績は悪い方がいい。

ツナが就職出来なければ、ツナにはずっとこの家にいてもらう事が出来る。

もちろん必要以上に外に出すつもりはない。

もしツナに何か奇跡が起きて飛躍的に成績が上がり、どうしても就職するつもりでいるなら、その時は手を回して雲雀が起こした会社に入れる。

そして絶対に人前に出さない雲雀専属の秘書にする。

雲雀はツナの将来の事までしっかり考えていた。

他の男には渡さない。

絶対に雲雀の手の中から逃がさない。

ツナの成績が上がると困る雲雀は、成績が悪い事に関しては何も言わず、放課後ツナを拘束する補習に瞳を細める。

ツナが補習させられているのは気になる。

実はツナが補習しているというのは、おかしな事なのだ。

雲雀はツナの学校に手を回し、ツナが遅くならないようにしている。

簡単な掃除当番ならともかく、基本的に放課後は学校に残さないように手を回してあるし、ツナには出来るだけ家にいてもらいたい雲雀は補習も受けさせないようにしている。

そのため、ツナは今までどんなに成績が悪くても夏休みや冬休みの補習には行った事がないし、放課後だって補習で残される事はない。

ツナが補習を受けるなど、本来ならあってはならない事なのだ。

ツナが通う学校の教員にはしっかり通達しているし、嫌だと拒否した教師は移動させた。

雲雀の命令に背いてツナに補習を言い渡した教師は一体誰だろうか。

後で風紀委員達に命じて調べさせなければならない。

昔ツナに勉強を教えていた、ツナ曰く「おばあちゃん先生」のような人ならともかく、ツナに補習をするように言ったのが男で、ツナに不埒な感情を持っていたりしたら速攻咬み殺す。

そしてすぐさま移動させる。

なかなかツナに会いに来られないよう、離島の学校あたりに移動させて隔離する。

雲雀は表明では何でもない顔をしていたが、その心中は穏やかではない。

ツナに手を出しそうな教師なら許さないとドス黒い事を思っていたのたが、ツナの前ではあくまで何事もないようにあっさりと言った。

「ふうん、補習ね。そっちは僕が何とかするよ。だからもう補習なんて受けなくていい」

ツナの通う学校もすでに雲雀のものなので、ツナの補習を止めさせるよう手を回すのは簡単だ。

雲雀にとってはごく当たり前に出来る当然の事なのだが、雲雀がやっている事をよくわかっていないツナは、どうして雲雀がいきなりそんな事を言い出すのかわからない。

だってツナにしたら自分が痴漢に襲われるなんてありえないし、そのために補習が何とかなるとも思えない。

雲雀はツナが補習を受けないのは当然みたいな様子だし、何でもないような顔をして、補習はもう受けなくていいと無茶を言う雲雀にツナは目を白黒させる。

「な、なんとかする?それって‥‥」

どうするのだろうか。

ツナはてっきり雲雀に怒られたり、自分の妹なのに成績が悪いとはどういう事だと嫌味を言われ、みっちり補習を受けるように言い渡されると思っていたのに、成績が悪くても怒る事もなく、むしろ補習を止めるように取り計らうという事を言われてしまった。

思えばツナは雲雀から色々冷たくされたり嫌味を言われたりしているが、成績が悪いために怒られる事はなかった。

雲雀はツナの頭が悪くても何も言わない。

ツナは勉強しても無駄だと思っているのかもしれない。

だが、補習を何とかするというのは、具体的に何をどうやって何とかするのだろうか。

雲雀がツナの学校に大きな影響を与えている事を知らないツナは、何とかするといっても無理に決まっていると諦めモード。
補習は受けたくないが、自分が馬鹿だからやらなければいけない事で、仕方がないと思っていたが、雲雀は違うらしい。

ツナは補習を受けなくていいときっぱり言い切っている。





ヒバリさんは高校生(1年)です。ツナちゃん中学2年生。
本当はヒバリさんは高校2でツナちゃん中学2年生にしようかと思ってた。
どうしてこんなに具体的かというと俺妹の設定がそうだったから。
結局ヒバリさんは1年にしたので変わったけど。
ヒバリさんはこの時点で風紀財団の前進になる会社をやっています。
そしてヒバリさん・・・ツナちゃんをどーするつもりなの?
スポンサーサイト

カテゴリ:兄と妹が~(ヒバツナ子)
Back | Top Page | Next
Comments

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。