FC2ブログ
TOPスポンサー広告華麗なる饗宴3


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ:スポンサー広告
TOPリボーン 恋愛パニック ヒバツナ♀華麗なる饗宴3


華麗なる饗宴3
恋愛パニック。
文字通りパニックです。
あれ?恋愛は?
それは次の章なのでユルシテください。



---------------------------------------------


この二人とは違ってBLの意味を勘違いしているバカがここにはいた。

そのバカはツナの言葉をシッカリ受け止め、受け入れた。

勿論だ! ツナ! すまなかった。
俺恭弥と立派なBLになるって約束したのにな。
ついついこんな事になっちまって」

ディーノはそう言うが、雲雀にしてみれば 「なっちまった」 ではなくあいたたた、この人 「言っちゃった」 よだ。

骸は、はははと乾いた笑みを顔にのせ、いいざまですね雲雀恭弥と棒読みで力なく呟いていた。

そんな骸を地獄に突き落とすべくまたもツナが爆弾を落とした。

「ディーノさん。雲雀さんだけじゃなくて、骸とも仲良くして下さいね。
雲雀さんと骸がBLで雲雀さんとディーノさんがBLならディーノさんと骸もBLでいいと思うんです!
やっぱり皆仲良く平和なのが一番ですから」

花のような笑顔でにっこりと彼女は言った。

皆平和なのが一番だと。

しかし雲雀と骸の精神状態は平和どころか第三次世界大戦が勃発していた。

そして腐女子達の間では二次元妄想大戦が始まっていた。

「素晴らしいわ! さすが沢田様! 」

「この公衆の面前で彼等に愛を誓って頂くおつもりなのよ」

永遠の愛ね! 私達全員が証人ね」

「きゃー!! 結婚の誓いよ!!」

「そうよね、二人なら結婚出来るけど、三人でだったら世間的には結婚出来ないものね。

でも沢田様はそのような世間の冷たい風潮を打破なさろうとしていらっしゃるのね!」

「さすがは腐女子の鏡! BLの守護者!

ちなみに噂の的な雲雀と骸はツナの守護者だ。

何がどういう守護者なのだろ。
色々入り雑じりすぎてもう意味がわからない
腐女子達は密やかにコソコソと興奮をもって囁きあっていた。

雲雀と骸は無言だった。

これ以上何か口を開いたらとんでもない事態になる。それを二人は解っているからだ。

なので渦中の三人のなか、ただディーノだけが張り切っていた

そしてそんなディーノをメラメラとした瞳で見つめる存在がいた。

彼は尊敬する10代目の花のような笑顔を見つめた。

そんな事なら俺だって!

ディーノに対してヘンな対抗意識を燃やし出した。

「10代目!俺も! 俺だって頑張ります!

10代目が俺の事立派なBLとして誇りに思っていただけるように、頑張ります!

こんなヤツには負けません!

獄寺は力いっぱい言い切った。

雲雀恭弥と六道骸は化け物でも見るような目で獄寺隼人を見つめた。

なんて恐ろしい事を言い出しすんだ!

青ざめる雲雀と骸を置き去りにして話はドンドン進んでいく。

山本武まで獄寺に同意し出したからだ。

「おう! ツナ! 俺もコイツと一緒に頑張るからよ! 」

野球バカと頑張るのは不本意ですが、10代目のお望みですから俺もコイツと真のBLを目指します!
あいつらには負けません!! 」

雲雀・骸・ディーノを指して びしっ! とばかりに宣告した。

「おっ! 元気いーな! スモーキンボム!
お前らが頑張るのに俺が頑張んねー訳にはいかねーよなー!
ツナ! 任せろ! ツナが喜ぶなら俺も もっと頑張って恭弥と六道とはちゃんとシッカリバッチリBLといえる関係になるぜ!」

何もそんなに力説しなくても‥‥‥。

そう思った雲雀と骸の精神シンクロ率現在80%

仲間割れコンビ二人はこんな時だけは気があっていた。

おかしな顔色になっている雲雀と骸は、なんとなく回りの反応に耳をすませた。

するとやはりものすごい誤解が暴走列車の如く爆走していた

「きゃー!きいたー!?

今、頑張るって!

金髪種馬王子が頑張るってー!!

さっ三人で何を頑張るってゆーの!?

三人一緒に変態プレイを頑張るの!?」

「今言ったわよね!

我らがBLの教祖、沢田様に誓ったわよね!」

ツナはいつの間にBLの教祖になっていた。

「それに獄寺君も! 山本ともっと頑張るって!!

今でも充分激しそうなのに、もっと頑張るって‥‥‥いやーー!!

「獄寺君は真のBLを目指すらしいわ!
私達、陰ながら応援しないと!!
獄寺君にヘンなブ男が近付こうものなら強制排除よ!!」

「そうよ!獄寺君は山本と結婚するんだから!」

腐女子達の妄想はもはやめちゃくちゃであった。

雲雀と骸はちらりと見つめあった。

視線が語っていた。

「雲雀恭弥。どうやらあの馬を含めて僕達三人は結婚してるらしいですよ」

「わかってるよ。
これ以上痛々しいこと言わないでくれる。
色々泣きたくなるから

目の前には愛しい人と、彼女を巡るライバル達。

の、はずなのに、いつのまに、どうしてこんな事に?

彼女を好きになった存在は皆さんもれなくBLというレッテルを張られている

これはどういう事なのだろう。

誰の陰謀なんだ!?

雲雀と骸はそう思った。

そんな彼等の精神シンクロ率現在100%という素晴らしさだ。

そんな二人にツナはにっこりと笑った。

「雲雀さんと骸は?」

にこにこにこにこ。

キラキラと輝く期待に満ちた笑顔で聞いてくる。

「うっ!」
「がふっ!」


雲雀は言葉に詰まり、骸はダメージを受けた

期待されている

それは、わかる。

可愛い恋人のため、または愛しい人のため、ここは 「そうだね」 と肯定したい所だがそんな事をしたら自分の精神が崩壊する!

アイデンティティーの危機だ。

骸は、じりっ、と一歩後ろに下がった。

不本意だがここはあの手しか残されていない。

ここにいてはいけないのだ。

ここにいたらもう色々立ち直れない!

女性達による恐ろしくもおぞましい妄想汚染はもう始まっているのだから!

術者である骸は精神的ダメージに非常に弱い。

普通の精神攻撃ではダメージは受けないがこれは、効く‥‥。

もはや死にそうだ‥‥。

ふらふらと骸はこの場から脱出を計った。



スポンサーサイト

カテゴリ:リボーン 恋愛パニック ヒバツナ♀
Back | Top Page | Next
Comments
2008/08/18
from JACK #- URL
山本隼人は決定事項です

六道さん…アナタ程の人が腐れ女子に負けてはなりません(笑) ←笑ってるし

まだまだ彼を応援しますよ!!
望みは…ありますか??
2008/08/18
from 浅田 リン #- URL
JACK様
実はまだ掲載していない小説(実は出来ている)で、すでに山本・獄寺を結婚させてしまいました・・・。
結婚させればいいという私の妄想の産物。
驚くほどすらすらかけました。

サイトに書いてある 「騙されないでね」 という3部構成の短いお話です。
まだ掲載していない理由は改稿できてないからです。

下書き読んだのはゆーちゃんが
「ごっくん・・・頑張ってるんだ。こういうところがかわいいね。でもリンちゃんの書くごっくんっていつも誰かに騙されてない?」
といってました。
どうやらあのごっくんはかわいいらしいです。
アイスのSSと同じ設定にしたら騙され度(山本にまた騙されてる・・・)がますます上がります。
早く改稿して掲載したいです。
「騙されないでね」も駄作ですが掲載したあかつきにはよろしければ、好きに処理してください。
いや、山獄の神なんで!

骸様を応援!
前のコメで散々JACK様の拍手イラについて柚香さんと語りましたが、いや、さすがの骸様もマフィアより恐ろしい腐女子達には勝てないかもしれません。


2008/08/18
from 柚香 #- URL
Σ(゚ロ゚;) 結婚! いつの間に!

色々泣きたい雲雀さんが かわいい!
この仲間割れコンビ いい味だしてますよね~ こーゆーやりとりがいいですね

2008/08/18
from 浅田 リン #- URL
柚香さん
山獄コンビもですが、あの3人は腐女子のなかでは結婚してるらしいです。
ハイ。
精神シンクロ率が地味に上がっていますこの仲間割れコンビですが、この二人にはまだまだ笑いに走ってもらいます。
こんなモノでは終われませんから!
さあどうやっていじめようか・・・じゃない、どうやって楽しいお話にしようか!

コメント投稿













管理者にだけ表示を許可する


| Top Page |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。